物を減らすことで湯シャンに集中する

湯シャンに集中するには、部屋の掃除がかかせません。そのため、部屋はきれいにしないといけないのです。

断捨離やミニマリストなど、家の中をスッキリさせて暮らそうという人が増えています。
物を整理したり、減らしたりすることはかなりの労力を要するので非常に大変ですが、一度スッキリと片付いた部屋で暮らし始めると、買い物に出かけたとき、物を買う際に一つひとつしっかりと吟味してから買うようになります。

自分にとって本当に必要な物なのかどうかを見極めてから買い物をするようになることで、むやみに物が増えて家が散らかることもなく、同時に節約することにもつながり、一石二鳥です。

もし、湯シャン中にベタツキがきになったら、部屋のほこりが原因ではないかも注意してみてください。頭皮のベタツキの原因は、部屋の汚さが影響するからです。

参考:湯シャンのベタツキ

また、無駄な物を増やしたくないという意識が働くため、これまで特に用事がないにも関わらず、何となくスーパーやショッピングモールなどに出かけることもありましたが、ショッピングに行く回数自体も減らすことができ、余計なガソリン代や電車代なども節約できるようになりました。

そして、家にある物で代用できるものはないか、工夫して手元にあるもので暮らすことはできないだろうかと考えるようになるため、楽しみながら節約できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です